売春人妻の家を割り出して自宅へ突撃(後編)

あれからちょっとは気になっていたのだが、さすがに人の家庭を壊すのは気が引けるので、いつものデリヘルを頼み、茉奈さんを指名してデリヘルの呼べるビジネスホテルへ入った。

こっちは分かっていたけど、向こうはお客さんが俺でびっくりしていたようだった。まあ、状況が状況だけに、お互いやることは理解しているはず。

部屋に入って来るなりドアのところで即尺してもらった。茉奈さんのフェラチオは気持ちがいい。この粘膜がチ●コ全体に絡みつくようなフェラチオはめったに味わえるものではない。一度味わったら病みつきになること間違いなしだ。

今日は、オプションをフルで付けてある。オナニー鑑賞、ノーパンノーブラ、ごっくん、アナルファックなど、120分で総額5万を超えた。これで向こうも文句は言えない。

「フェラはもういいや。オナニーして」

「はい」

「裸になってベッドの上で、そのバイブも使って」

「わかりました」

俺はベッドの横に座り、ビールをプシュッと開けて飲みながらオナニーを鑑賞した。これは一度やってみたかったプレイだ。

禁断告白スペシャル 四十路妻の淫ら体験

酒を飲みながら目の前でオナニーさせる。最高の贅沢。

茉奈さんは結構、激しいオナニーをする。はじめはゆっくりクリトリスを触っていたのに、今は指を2本もズボズボとおマ●コに突っ込んでオナニーしてる。

人妻手記 旦那しか知らない秘蜜にたっぷり 夏に体験した絶頂快感

俺も興奮してきたので、手をどけてバイブをあそこに突っ込んでやった。

「あぁぁぁぁん」

大きな声をあげる。俺はチ●コを茉奈さんの口元に持っていて咥えさせながら、バイブを出し入れした。

「んぐぐう」

声の響く音でチ●コが刺激されて気持ちがいい。

「いやらしいおマ●コだ。ぐちゅぐちゅだよ」

「んんん」

「白いねばねばした液がおマ●コから出てるよ」

茉奈さんは口を離して

「いやぁ」

と言うので、

「口は離さないで続けて」

と言った。茉奈さんは言うとおりにチ●コに吸い付いている。

熟女告白 誰にも言えない痴態

シックスナインで口マ●コを堪能

俺は体勢を変えシックスナインで上になった。

そして口をマ●コだと思ってピストンする。舌を使ってくれているので、実際、おマ●コよりも気持ちがいい。

同時に、おマ●コにはバイブを入れて、目の前で出入りする様子を楽しんだ。

不倫のマッチング

おマ●コからバイブを抜くときは、ヒダがバイブを包み込むようにまとわりついてくる。中に入れるときも、ヒダはまとわりついたまま中まで入っていく。

俺は目の前でその様子を見て、気持ちいいのはこのまとわりつきだということを悟った。しかも茉奈さんのヒダはきれいな色で色素の沈着もない。

今度はバイブをクリトリスに当ててみる。

「んぁぁんぁぁ」

茉奈さんは、クリトリスが弱いようだ。これは、本腰を入れて責めてみる必要がある。俺はチ●コを引き抜き、

「茉奈さん、自分でマ●コ広げて」

「は、はい」

「もっと、よく見えるように、ほら、めくってクリトリスも見せて」

そう言ってグイッと広げさせました。

顔を近づけて、ふーっ吐息をかけるとビクンとする。

クリトリス、軽く指で触れてみると、また、ビクンとして足を閉じようとする。

「ダメダメ、もっと開いて」

ピンクのヒダがヒンと張って伸びている。そして小ぶりの小豆のようなクリトリスが顔を出している。

弄ばれる快感を知ってしまった人妻 『小説秘戯』ベストセレクション

そこにゆっくりと舌を這わす。

「あっあっ」

今度は吸い付く。音を立てて思いっきり吸ってやる。

「ズズズズ~チュッパン」

「あ~ん、だめぇん」

俺はかまわず吸い続ける。そしてクリトリスを吸いながら、あそこにバイブをぶち込んだ。

「も、もうだめぇ~、や、やめて~おかしくなっちゃうから~」

こんな言葉を聞いたら俺は燃える。

若妻 孕ませ契約【いづみと杏奈】

「こんなことして悪い奥さんだ。だんだん閉じてきてるからもっと広げていやらしいクリトリスとおマ●コ見せて」

「いやいあやぁ~」

「明るいからよく見えるよ」

「は、恥ずかしい・・・も、もうだめ、やめて、ほんとに・・・」

俺はクリトリスをチューッと強く吸い上げるのと、クリトリスの周りを優しく舐め上げるのをくりかえした。そしてバイブはGスポットのあたりを集中的に攻めた。

「い、いくぅぅぅぅ~」

茉奈さんは体をけいれんさせながらいってしまった。俺も興奮して入れずにいってしまいそうだったから、せめて入れとこうと思い、いったばかりでテカテカに光っているおマ●コにずっぽりと挿入した。

そしてマッハで腰を振り、中で半分くらい射精した後、チンコを引き抜いて茉奈さんの口に入れた。移動中に茉奈さんのお腹とおっぱいに精子を垂らしながら口元へ移動した。そして、口マ●コで残りの精子を射精した。

茉奈さんの口もマ●コも気持ちいいから両方味わいたかったから、半中半口は最高のフィニッシュだった。口に持って行った後も腰を振って残りの精子を放出して茉奈さんに全部吸い取ってもらった。

妻たちの昼の顔 実録 赤裸々不倫体験 (3)

しっかりときれいにしてもらった後は、チンコで茉奈さんの乳首をいじった。尿道口に乳首を当てると、ガマン汁が染み出てきて、乳首を光らせ、糸を引いている。その後、それを口に持って行ったり、チンコの先でクリトリスをいじったり、マ●コに入れたバイブを舐めさせたり、欲望の限りを尽くして120分が終わった。

また、茉奈さんを指名して呼ぼうと思っているが、前みたいに、自宅の近くで青姦というのも捨てがたい。コンビニの裏なんかもアリかなと思っている。

売春人妻の家を割り出して自宅へ突撃(前編)へ戻る