プロのビーチバレーコーチ(前編)アスリートは夜もストイック

私は昔、少しは名の知れたプロのバレーボール選手でした。引退後は父親の経営するエレベーターのメンテナンス会社の専務をしていますが、女子ビーチバレーのコーチをしてほしいとの依頼がありました。引退後もやはりバレーには未練があり、思い切って仕事をやめ、ビーチバレーのコーチとして食べていくことにしました。父親には反対されましたが、幸い、独身だったので、自分だけ食べていくのであれば大丈夫だろうとたかをくくっていました。最終的には生活が成り立たず、父親に泣きついて戻る羽目になってしまったのですが、その間にあった美味しい話をしたいと思います。

その前に、チームの状況を少し説明しておきます。ビーチバレーで難しいのはペアの相性です。いくら上手なトップ2人を選んでペアにしても勝てるとは限りません。逆にナンバー1とナンバー5を組み合わせるとうまくいったりすることもあります。ここが監督の腕の見せどころです。もっと言えば、ペアは相性が大切ですからお互いを尊重し合う、言い換えればお互いのことが好きでなければうまくいかないのです。

だから二人の仲を良好に保つのもコーチの仕事と言えるのです。我がチームの寮は少し変わっていてプライバシーを保ちながらも二人一部屋になっています。ペアの親密度を高めるためです。しかしながらここだけの話、レズにはまってしまうペアも少なくありません。

ボクサーなどもそうですが、スポーツは基本的にハングリーである必要があります。恋愛禁止としているのは、ハングリー精神を養うためなのです。セックスをするのはもってのほかなのです。

しかしながら最近ではその理論に異論を唱える学者も増えてきました。昔は部活のときに水を飲ませてもらえなかったのが、今は、こまめに水を飲んだ方が良いとされています。それと同じように、最近では恋愛やセックスでメンタルを充実させた方が良い結果が出るとも言われているのです。

こうした理由から、私は恋愛やセックスを否定しないようにしています。ですから、選手たちも女同士手をつないで歩いていたりします。今のところそれでうまくいっているので、問題はありません。

最も難しいのは、選手を平等に扱うことです。ひいきをするとそれが引き金になりチームがめちゃくちゃになります。コーチとしてここに一番注意していますが、どうしても日本代表になるポテンシャルがある松尾と森本の指導には力が入ってしまいます。他の選手もいいところまではいきますが、この二人の足元にも及びません。

指導した選手たちは嬉しいことにどんどん成長し、あるとき、地区大会で優勝し、全国大会への進出が決まりました。気を緩めてはいけないのですが、祝杯をあげました。さすがに背の高い子ばかりなので、飲みに行っても目立ってしまいます。ですから、いつも寮で飲むことにしています。うちの寮は少し変わっていて、パーティーの時は近所の居酒屋の店主が主張居酒屋をしてくれるのです。メニューもお店と同じなので、お店に行くのも寮で飲むのも変わらないのです。それに寮で飲めば酔いつぶれても誰にも迷惑がかかりません。

2人が酔いつぶれたので順番に部屋まで運んであげました。さすがに身長があって大きいので、二人いっぺんには無理です。松尾を部屋に運び、食堂に戻り、森本を運びました。松尾は爆睡していますが、森本はいい感じに酔っています。ベッドに寝かそうとすると、森本が抱き付いて離してくれません。

森本は私にキスをしてきました。さすがに私もその気になりましたが、さすがにコーチという立場上、こちらから手を出すわけにはいきません。そう思っていたら、森本は私の腰に足を絡ませ、さらに激しいキスをしてきます。そして私を倒してベッドの上に仰向けに寝かしました。

「おい!ちょっ・・」

叱りつけようとすると口を塞がれました。そして私のズボンを脱がせフェラチオを始めました。粘膜の柔らかさと、強烈な吸引力で私のチ●コは不覚にも勃起してしまいました。森本はフェラチオをしながら自分の服を脱ぎ、ブラジャーとパンティーだけになりました。そしてピンクのブラジャーとパンティーも脱ぎ始めました。

いつもは指導に夢中で、選手の胸の大きさやお尻の形の良さなど考えたことはありませんでした。しかしこうしてよく見ると、よくあんな動きなできるなというほど大きな胸でした。

また、おしゃれにあまり気を遣わない選手も多いなか、松尾と森本はルックスも良く、おしゃれ度が高いため、追っかけのファンがいます。試合には大きなレンズのついたカメラを持ったカメラオタクっぽいファンたちが写真を撮っています。おそらく胸やお尻の写真を撮っているのでしょう。

フェラチオが気持ち良くなって、そのまま行ってしまいたいと思ったときに、森本は私の顔の上にまたがってきました。

目の前にはふさふさした陰毛があります。膣を私の口に押し当ててきます。私は窒息しそうでしたが、少しアンモニア臭とチーズのような蒸れた臭いのする膣に舌を入れました。

「ああんっ」

そして膣と尿道口の間あたりを舐め続けると腰をくねらせます。陰毛越しに見上げるおっぱいは山のようにプリンとしていて、その頂上には小さな豆がポツンと上を向いてついています。

森本があそこを押し付けてくるので、私の口の周りは愛液でベトベトになりました。その愛液はどんどんあふれ出てきまて、飲むことができるほど出てきます。舌を伸ばしてクリトリスを舌先で突くと、

「あっ、すごいっ、いい」

クリトリスが感じるようです。隣に松尾が寝ているのに、そんなに声を出したら起きてしまうのではないかと心配でなりませんでした。それでもいつも選手に厳しくしている私からすれば、選手が何らかの搬送をするのを見るのは喜びです。

クリトリスを舐められてあえぐ姿を見るのはすばらしい興奮でした。挿入したい衝動に駆られたそのときでした。

股間に粘膜が張りつく感じがしました。フェラチオをされているのです。顔は見えませんが、おそらく松尾です。クンニしながらフェラされるというエロビデオのような状況を自分が体験できるとは思いもしませんでした。

森本は私の激しい口撃に何度もいってしまったようです。

「ずる~い、私も!」

松尾はそう言って、私の顔の上に乗っている森本をどけて、さっとパンツを脱ぎ、私の上にまたがってきました。松尾のあそこは森本とは異なり、無味無臭でした。私は松尾もいかせようと、クリトリスを重点的に舐めました。

森本は私の股間に、腰を沈めて、ゆっくりと挿入しています。キュッと引き締まったあそこに私の肉棒がゆっくりと吸い込まれていきます。粘膜が、私の肉棒の根元から先端まで往復でゆっくりとなぞっていきます。森本のあそこは愛撫が十分で、濡れていたので、難なく入っていきました。

「あぁ、いぃ」

顔にまたがっている松尾は負けじと私の顔にあそこをこすりつけてきます。私は、クリトリスからアナルの方までべろんべろんに舐めつくし松尾もいかせました。

いかせたのはいいものの、挿入している方が持ちそうにありません。あまりの締め付けで、射精してしまいそうでした。

「ちょ、ちょっと、入れ替わって!」

そう言って、松尾と森本の手を引き、シックスナインの形にしました。そして上になっている松尾のバックから挿入しました。運動で引き締まったくびれた腰をつかみ、愛液が飛び散るほどいきなり激しく腰を振りました。

下にいる森本には愛液が飛び散っているかもしれません。私が何も言っていないにもかかわらず、二人はお互いの体を愛撫しています。おそらくこの二人、レズビアンなのでしょう。阿吽の呼吸で愛撫をしています。お互いの性感帯を知っているのでしょう。

私は、松尾のあそこから肉棒を引き抜くと、森本の口に入れてフェラチオさせました。どちらも気持ちがいいので、口と膣を何度も何度も行き来しました。プッシートゥーマウスという性技らしいのですが、女二人にやれるチャンスがあるとは思ってもいませんでした。

「私にも入れて!」

と、森本おねだりされたので、反対側にまわり、ぐびれた腰をつかみ挿入しました。どちらのおマ〇コも、締りがすばらしく、甲乙つけがたい感じでした。ここでも、プッシートゥーマウスを繰り返しました。反り返った背中が美しいのに驚きました。

挿入しながらおっぱいをわしづかみにしているときに、キンタマをしゃぶられました。同時に膣も締め付けてきたので、うかつにも中で出してしましました。

肉棒を引き抜くと、森本のあそこに中出しした精子を松尾が舐めて吸い出しているのです。恍惚の表情でお互いをなめ合っているのを見たら、射精したばかりなのにまた勃起してきてしまいました。

興奮が止まらなかったので、こんどはそのまま松尾に挿入しました。入れながらキンタマやアナルを舐められるので、不覚にもすぐにいってしまいました。今度は森本が中出しした精子を吸い出し、口に含み、松尾の口に移してキスをしています。その夜は3Pでレズ見学も楽しませてもらいました。もちろん、2人を順番に、不公平のないようにやりました。

プロのビーチバレーコーチ(後編)アスリートは夜もストイックへ続く