リゾートの日本人観光客をナンパ(バリ島後編)

俺はサーフィンでバリに年数回行くことは既に述べたとおりです。実は俺には彼女がいるのですが、まあ、マンネリ化しているというか、「サーフィンと私、どっちが大切なの?」みたいなことを言うので、うっとおしく思っています。

同棲しているので機嫌が悪いと家にいずらいので、俺がバリに行くときは3回に1回くらいは連れて行くことにしている。正直、気が進まないけど、機嫌が悪いのもかなわないので、仕方なしにという感じだ。

俺がいつもナンパしているのはリゾートの日本人観光客をナンパ(バリ島前編)で書いたとおりだ。一人でいるときにはナンパできるが、彼女がいるとそうはいかない。と思うかもしれませんが、そんなことはありません。彼女がいるからこそ、ナンパがうまくいくこともあるのです。

そもそも男が声をかけると、間違いなくナンパ目的であるため、かなり警戒されるのです。もちろん南国の不思議な力でうまくいくこともあるのですが、ホテルのレストランで一人で食事をしている女性に敢えて彼女といるときに「一緒に食事しませんか?」と声をかけると、はじめは遠慮しますが、ほぼ確実に一緒に食事することができます。

その後の行動も一緒にしたりすると、さらに親密になります。また、女同士、話が合い仲良くなることがあります。女同士仲良くなると、大体男の悪口を言うから敵わない部分もあるが、悪口を言われるのさえ我慢すれば、女同士仲良くやっているから気楽ではある。

昔の話になるが、俺たちの泊まっているリゾートホテルに一人でディナーをしている色白の女の子がいた。そのリゾートではバリの舞踊ショーを見ることができる。

「あの子、一人で寂しそうだから誘ってあげようよ」

と、彼女に言うと、

「そうだね」

と言って、彼女が声をかけに行った。すると、その女の子は俺たちのテーブルに来た。やはり女同士だと警戒心がないので、食事を一緒にすることなど簡単だ。

その子は仙台出身の22歳の大学生、名前は麻美。バリのアートが好きで一人でバリを訪れたそうだ。彼女も麻美をすごく気に入ったようで、手をつなぎながら何度も乾杯しながら酒を飲んでいた。レズかというくらいにスキンシップがすごかった。

ワイワイガヤガヤやっているとあっという間に時間が過ぎた。3人ともこれでもかというくらいにべろべろに酔った。麻美はすごいいい子で彼女もすごく気に入ったようだ。麻美だったら寝取られても構わないとまで言っていた。俺も麻美と飲んで意気投合した。

遅くなったので俺だちの部屋に行って飲もうということになった。今回は贅沢をしたので俺たちの部屋はすごく広かったので、麻美も喜んでいたようだ。部屋に戻って飲みなおすと、これまたすごく盛り上がった。彼女はすぐに酔いつぶれてしまい、ソファーで寝てしまった。

俺はこのチャンスを逃すまいと思い、思い切ってちょっかいを出してみることにした。麻美の唇を秒速で奪った。麻美は俺を突き放すが、俺は構わず舌をねじ込む。麻美の口は甘い味がした。自分の彼女がすぐ隣で寝ている前で、違う女とセックスをすると思うと、興奮した。

キスをしたまま抱き上げて、ベッドに移動した。彼女が起きたらというリスクを想定して、麻美の服は脱がさず、ワンピースの裾をまくり上げて、パンティに手を突っ込み、あそこに指を這わしてみると、あそこはぐしょぐしょだった。

俺は急いで短パンを脱ぎ、パンティをずらして横からチ〇コを滑り込ませた。麻美のあそこは俺のチ〇コをゆっくりと飲み込んでいく。

「ねえ、こんなことしたらダメだよぉ」

と、小さい声で言ってくる。僕は無視して奥まで入れて腰を振る。気持ちいい。彼女が近くにいて声を出せないセックスがこんなに気持ちがいいとは思わなかった。すごい興奮で、彼女とセックスするときの何倍も気持ちが良かった。

彼女とするとき、酒が入ると立たなくなることもあるのだが、今日は、浴びるように飲んだのにギンギンに立っている。

そもそも俺が彼女とセックスするときは時間をかけてフェラチオをしてもらわないとなかなか立たないし、クンニはめんどくさいなって思ってる。でも、麻美を目の前にしたら、フェラチオなんかしなくてもいつもよりギンギンにおっ立ている俺のバカ息子。

しかも彼女とセックスするときはあそこが緩いのかなかなか射精できないときがある。しかし、今は違う。ちょっと入れただけなのにもう射精しそうだ。この違いはなんなんだろう。

そう思ったらさらに興奮して俺は麻美の中で果ててしまった。こんなに気持ちのいいセックスは久しぶりだった。

ふと彼女の方を見ると、気持ちよさそうに寝ている。今度は麻美のいる前で彼女とセックスをしたらどうだろうか?いつもは彼女には興奮しないのだが、この状況だと気持ちがいいのかもしれないと思い、試してみたい衝動に駆られた。

念願のリゾート3P

麻美のあそこから抜いたばかりのチ〇コを彼女の寝ている口の前に持って行ってみた。麻美は何してんの?大丈夫?みたいな目で俺を見ていた。チ〇コで唇をツンツンと突くがまったく反応がない。俺は隣にいる麻美にキスをしながら彼女の口をこじ開けてチ〇コをねじ込んだ。俺はヤバいくらいに興奮していた。

なかなか口を開けないので、唇でチ〇コをこすった。そして彼女のワンピースのスカートをまくり上げ、パンツを脱がした。肩のひももずらしおっぱいも丸出しにした。そして麻美の手を彼女のオッパイに持って行き、揉ませた。

そして俺は彼女のあそこにさっきまで麻美のおマ〇コにぶち込んでいたチ〇コを入れた。

「んっ、なにやってんのぉ」

泥酔状態でもそれなりに意識はあるようだ。

「え?」

麻美のことに気が付いたようで驚いている。

「麻美ちゃん、気にしないでそいつのおっぱい舐めて」

麻美は酔っているからかわからないが素直に俺の言うことを聞いている。念願の3Pができそうだ。

二人とも目がとろんとしているから、実際、自分たちが何をしているかあまりわかっていないのかもしれない。飲んだ酒の量から考えて、記憶を失ってもおかしくないほどだ。

俺は彼女にあそこに入れていたチ〇ポを抜き、彼女の目の前で麻美の口元に持って行き、フェラチオさせた。

酔っているはずの彼女もまじまじと見ている。俺は彼女のあそこに指を突っ込んで手マンした。

だんだん興奮が頂点に達して俺も獣になった。二人の服を全部脱がせスッポンポンにした。最高だ。こんな形で3Pができるなんて思ってもみなかった。

ソファーに手をつかせ2人にお尻を突き出させた。目の前にいはアワビが2つも口を広げている。

俺はもちろん麻美のアワビから味わった。いつも味わっているアワビで、いつでも食べれるアワビよりも、今日しか食べられないかもしれないアワビを俺は食べたい。そんな気持ちで麻美のおマ〇コにバックから挿入した。おっぱいに手を伸ばすとこれまたふっくらしたおっぱいで揉み心地が最高だった。

彼女は貧乳で、干しブドウのような黒い乳首がついている程度だ。ブラジャーもぶかぶかだから、麻美のおっぱいはこれでもかというくらい思いっきり揉んで堪能した。麻美のおっぱいは手のひらに入らない大きく、ふっくらしている。乳首の大きさは小さく、色は淡いピンク色、控えめに言っても美しい。

それを見ていたら、パイズリさせたくなった。麻美を引っ張り、ソファーに座らせ、おっぱいの間にチ〇コを挟み込んだ。麻美の手を誘導しておっぱいを寄せて、上下に動かすようにサポートした。

ちゃんとしたパイズリなんて久しぶりだ。おそらく前の彼女にしてもらって以来だ。今の彼女のオッパイでは小さすぎてパイズリは無理だ。一度試したが、洗濯板にこすりつけている感じでおっぱいのふかふかさは味わえなかった。結局、乳首に尿道口をこすりつけて射精した。

彼女の手を引っ張り、麻美のパイズリを真横から見させた。俺も腰を動かしたりして、さきっちょ麻美の口まで届くように突き上げた。そしてフェラチオもさせた。俺の大好きなパイズリフェラだ。

チ〇コ全体が柔らかいふかふかの肉に挟まれ、先っちょは口で締め付けられながら粘膜でこすられる。俺の欲望は止まらずそのままピストンしまくった。麻美を頭をつかんでまで腰を振った。

横を見ると、パイズリができない貧乳の彼女が嫉妬深い目で見ている。それを見て激しくピストンするのをやめた。俺は彼女にパイズリを見せつけるようにゆっくりとパイズリを楽しんだ。そして彼女の干しブドウのような乳首をキュッとつまみ上げてやった。口にも指を入れて口の中をかき回してやった。いつもの彼女よりもエロイ。自分も変な感じだ。

湯クリしたパイズリに気持ちが良くなってしまい、俺は麻美のオッパイとお口を端のしながら、そのまま麻美の頭を強く押さえつけて口の中で出してしまった。横で見ている彼女の嫉妬の目にさらに興奮してしまった。お掃除フェラは彼女にさせた。いつもとは比べ物にならないくらいの吸引力で激しくフェラチオしてくる。

いつもは本気じゃなかったのか?と思うほどのテクニックだったのだが、俺が彼女のセックスに飽きていたように、彼女の俺のセックスに飽きていたのかもしれない。俺が適当にクンニしていたから彼女の適当にフェラチオしていたのだろう。お掃除フェラが続くと、俺の性欲もまた沸き起こってきた。

おマ〇コの感覚がどれくらい違うものか、気になったので、あまり乗り気はしなかったが、彼女のおマ〇コにも入れることにした。

入れてみると意外にも今日は締りがいい。3Pで興奮しているからなのかもしれない。少し出し入れしていると、隣のアワビの方が美味しそうだなとある。そしてそっちに移動して少し味わっていると、また隣のアワビが・・・となり、延々と行ったり来たりして両方のアワビを堪能する。はっきり言って最高だ。そのまま死んでもいいとさえ思ったほどだ。

バックで入れながら思いついたのが、二人にキスをさせ、その間にチ〇コを割り込ませるダブルフェラチオだ。

バックで差しながら、二人の頭を近づけ、キスをさせた。四つん這いの二人の間に入り込み、チ〇コを二人の唇の間に入れた。両脇から舌が絡む。しかも異なる舌の感触、そして少し温度も違う責めに腰が抜けそうだった。我慢したので全部は出なかったが、気持ち良すぎて少し精子が出てしまった。先っちょから白い液体が少し垂れている。麻美の口にチ〇コを入れ、精子を舐め取らせてごまかした。麻美は頬をすぼめ、吸引力のすごいフェラチオをしてくる。それを嫉妬の目で見ている彼女に興奮してしまった。

でももう我慢できないほどの状態になっていたので、麻美のバックから、再度挿入した。ビラビラが絡んでくるのと、締め付けてチ〇コの皮が剥かれ、敏感な部分が膣の粘膜とこすれ合って気持ち良すぎる。

麻美でいこうと決めたので、ピストンを速め、麻美の膣の中に射精した。でも彼女の嫉妬の目があったので、半分くらい精子が出たところで、彼女に入れて、高速でピストンした。そうすると残りの精子だけでなく、新たに射精したみたいに、どくどくと精子が出てきた。一応、彼女の中でもいったので満足そうな笑みを浮かべていた。俺も大満足だ。

彼女から抜いたチ〇コを二人の間に持って行き、ダブルフェラでお掃除フェラをさせた。俺はもう王様にでもなったような気分だった。雑誌の後ろの広告のように札束のふろに入って、女を侍らせているような、夢のような世界の気分だった。

外からの視線に大興奮してリゾート羞恥プレイ

実は俺は少し前から、外からの視線を感じた。誰か覗いてるんじゃねえのかなって思ってた。外を見るようなふりをしてベランダ周辺をよく見ると、従業員らしきやつが2人隠れているのが分かった。俺は気付かないふりをしてわざとカーテンを少し開けておいた。

そして彼女と麻美を窓の方に連れていき、窓の方にお尻を向けさせ、四つん這いにさせた。わざとあそこが見えるようにしてやった。

麻美に仁王立ちフェラをさせて、その様子を彼女に近くで見せた。俺は麻美の口をおマ〇コのように扱い、腰を振った。そして麻美を立たせて舌を絡ませて脳酷なキスをした。そこからおっぱいに行って、乳首を充血するほど吸い上げた。

そしてマングリ返しで徹底的にクンニした。彼女はうらやましそうな目で見ている。実は彼女のおマ〇コは少しにおいがきついので、俺は彼女にクンニしたくないのだが、彼女がクンニそして欲しいと言うので、陰唇を少しなめたり、クリトリスを少し舌でいじったりしてごまかしている。

しかし今は麻美のおマ〇コを音を立てながら徹底的に舐めている。膣にも舌を入れたり、アナルの方まで舐めまくっておマ〇コが俺の唾でベチョベチョになっている。俺は嫉妬させるためというのもあって、技と大きな音を立ててて舐めている。

俺は彼女を無視して見せつけてやろうと、麻美を攻め続けた。麻美はクンニで何度も行ってしまったようだ。もちろん彼女はそんなにクンニはされたことがないのでうらやましそうな眼をして見ている。

俺は麻美の片足を窓際のソファーの上に乗せて、立ちバックで挿入した。乗せた片足をさらに開き、さらに指でおマ〇コを左右に開き、覗いているやつらに見せつけてやった。彼女には窓に向かってお尻を突き出してオナニーするように言った。

もうとんでもないカオスになっている。俺はソファーに座り、麻美の足をМ字開脚して結合部を丸出しの状態で窓の方に見せつけてやった。彼女も近くに呼び寄せ、キスをしながら麻美をやった。

麻美を突きまくって、何度もいかせ、最後は彼女の口の中に射精してさらにピストンしてやった。さすがに苦しかったようで、口の周りから精子とよだれが流れ出ていた。その後もわざと窓の方に向かっておマ〇コを丸出しにしたり、覗いているやつらを楽しませてやった。

とにかくすごい夜だったことは確かだ。

リゾートの日本人観光客をナンパ(バリ島目編)を読む