奈々と健太の熱い脈動

奈々が結合部を見ると、健太の太く、血管の浮き出た肉棒が、自分の肉壁を押しのけ入っているのが見えた。処女の奈々は、痛みと快感で目が潤んでいた。

健太の腰の動きと奈々の腰の動きがぴったりと重なり合い、1つの生命体のようになってうごめいている。

健太の腰遣いが荒々しくなっていく。奈々も自分の肉壁が肉棒とこすれ合う感覚を敏感に感じとった。そして奈々が興奮するたびに肉ひだは肉棒に絡みついていく。健太の肉棒は、複雑な形をした粘膜に包み込まれ、貯めていた液体をすべて吐き出してしまった。

肉壁は肉棒を包み込んだまま収縮し、痙攣していた。根元だけでなく、亀頭まで締め付け、射精した精子がせき止められるような強烈な締め付けだった。

奈々は興奮が絶頂に達し、ほとんど意識がなかったが、膣は意識を保っていた。健太が射精したあとも、奈々の蜜壺は収縮と弛緩を繰り返し、まだ終わらせないようにしていた。

健太は奈々のうつろな瞳を見ながら、肉棒を波打たせ、体内にあるすべての精液を奈々の蜜壺の奥深くの壁に強く吐き出した。

官能小説朗読ライブサンプル音声

官能小説読み上げライブを開催しております。現在は感染防止対策としてオンラインで開催しています。詳細はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。