組合長の夫婦の営みをのぞき見

私は林業を営んでいます。仕事柄、森林組合との付き合いが多いです。基本的に男の世界なので、酒を飲むと女の話になります。本当に女好きな人ばかりで、飲み屋のママと山の中で青姦しているときにマムシにかまれたなんて笑い話には事欠きません。

なかでも伝説的なエロ師は森林組合長です。組合長はそこらじゅうの女に手を出しています。町にある飲み屋のママはおそらく全員組合長とやっていると思います。組合長と飲みに行くと嘘ではないことが分かります。組合長はワンマンで、皆から恐れられています。毎日誰かが怒鳴りつけられていますし、昼間から酒を飲んでいても誰も注意などしません。

組合長には若い奥さんがいて、組合長曰く「ティッシュいらず」だそうです。セックスするときにティッシュが必要ないとのことです。私は組合長がどんなセックスをしているか気になって仕方がありませんでした。奥さんは若くてかわいいのでより一層、覗いてみたい気持ちになりました。

あるとき、関係者全員で温泉旅行に行く機会がありました。その温泉旅行は家族も参加可能とのことで、みんな家族連れで参加しました。豪華な内容にもかかわらず、無料だったこともあり、対象者全員が参加しました。一人で参加しているのは独身の私だけでした。

宴会は大盛り上がりで、みんな酒を浴びるように飲んでいます。組合長は飲み過ぎて酔いつぶれてしまいました。酒豪の組合長が飲み過ぎてしまうなんて、どれだけ飲んだのかと思って、隣にいた人に聞いたら、一升瓶2本は飲んだと証言していました。

それでも自分で歩いて部屋に戻ろうとしていて、奥さんが

「あなた、無理ですよ」

と肩を貸すのですが、さすがに支えきれず、私が支えました。

「あら、すみません。ありがとうございます」

「部屋まで運びますよ」

「よろしいですか?すみません、主人がご面倒をおかけして」

「いいですよ、全然、いつもお世話になってますから」

そう言って部屋まで運び、布団に寝かせました。組合長は酔いつぶれてぐっすり気持ちよさそうに寝ています。奥さんは、

「主人がいつもご迷惑をおかけしてませんか?」

と聞いてきました。

「いえいえ、全然」

「せっかくですから、お茶でもいかがですか?酔い冷ましにもなりますし」

「ありがとうございます。せっかくなのでいただきます」

私は奥さんにお近づきになるいいチャンスだと思い、誘いに乗りました。私と同じくらいの年齢なので、昔の話で大いに盛り上がりました。私と結婚してもおかしくない年齢なのになぜ、恒例の組合長と結婚したのでしょうか、不思議でなりません。話が盛り上げっている途中で、

「おい、久美子、早くやれ」

と言っています。組合長は私がいるのは知らないですし、酔って意味が分からず寝言のように言っているのでしょう。しかし、奥さんは、

「ちょっとすみません。失礼します」

そう言って、組合長の布団の中にもぐりこみ、何やらごそごそとやっています。

「ほら、もっと、激しくやれ!」

昏睡状態においてもキレキャラだったので少し引きました。あきらかに奥さんがフェラチオしているのです。奥さんも若干酔っていたこともあるのですが、私の前ですぐにフェラチオするなんて、きっと組合長が怖いのでしょう。

私は奥さんの浴衣のお尻を見て、興奮してしまい、間髪入れずに一気に浴衣をめくりあげ、パンティを下げ、チ〇コを挿入しました。濡れていなかったので入りにくかったのですが、無理やり押し込みました。奥の方は濡れていたので、数回出し入れするとスムーズにピストンできるようになりました。

奥さんは腰をひねって抵抗していますが、組合長のチ〇コから口を離すことは怖くてできないのでしょう。それが分かったので、私はいったんチ〇コを引き抜き、奥さんのおマ〇コを眺めてからクンニしました。いやらしい味がします。奥から掻き出された愛液が少し癖のあるにおいを出しています。

奥さんのフェラ顔を見ようとしたところ、奥さんは組合長のチ〇コから口を離し、私のチ〇コにむしゃぶりついてきます。組合長は眠りに落ちたようです。奥さんのフェラチオはセックス好きを思わせる最高のテクニックのフェラチオでした。

「ああ、奥さん、すごく気持ちいいですよ、いやらしすぎます」

奥さんは僕の言葉に刺激されたのかさらに激しくフェラチオをしてきます。激しい音と立てて、とても一次産業に従事する田舎の奥さんのテクニックとは思えません。歌舞伎町あたりですごいテクニックを持っている人気嬢のテクニックのようです。

フェラチオをしてもらいながら、浴衣の隙間から手を入れ、おっぱいを揉ませてもらいました。ふっくらと柔らかく、大きいおっぱいは触るだけでも感触が脳天にまで伝わります。組合長が奥さんのセックスのとりこになるのも理解できます。私は我慢できず、

「で、出る、お、奥さん、出ちゃいます」

「出して~、お口の中に出して~」

と言って、より一層激しくフェラチオをしてきます。

「いくっ!」

私は奥さんの口の中で勢いよく射精してしまいました。奥さんはその精子を一滴残らず飲み込んでくれました。そしてその後もねちっこいフェラチオで根元から先っちょまで丁寧に舐めてくれました。そのままパンツをはいても大丈夫なくらいきれいにしてくれました。

「ご主人が、ティッシュいらずって言ってた意味が分かりましたよ、奥さん」

「そ、そんなことを主人が・・・恥ずかしい・・・」

「じゃあ、こうしてみよう!」

私は奥さんのおマ〇コに、お掃除フェラで再び勃起したチ〇ポを挿入しました。何度かピストンすると、愛液がねっとりと付いてきます。その愛液のついたチ〇ポを奥さんの口元に持って行き、咥えさせたのです。奥さんは自分のマ〇汁がついているチ〇ポをおいしそうに舐めています。根元から先まできれいに舐めてティッシュがいらないくらいきれいにしてくれます。ティッシュがいらないくらいきれいになったところで、私はまたチ〇ポを奥さんのおマ〇コへ挿入しました。グッチョグッチョと音を立てて、チ〇ポに十分に愛液がくっついたところで、また、奥さんの口元に持って行き、フェラチオしてもらいます。これを何度も繰り返しました。奥さんは自分のおマ〇コから出た愛液をおいしそうに舐めています。

あそこと口マ〇コを交互に味わうことができるのは最高です。こんなことをさせてくれる女はそうそういません。他人の奥さんとこんなことができるなんて夢にも思いませんでした。

あそこに入れた後のチ〇ポを口に入れる前に乳首にこすりつけました。

「ああっ、いい~」

奥さんは感じているようです。

「奥さん、パイズリしてください」

奥さんは嫌がりもせず、私のチ〇ポをおっぱいで挟み、おっぱいでズリズリとしてくれました。そしておっぱいの間から出ているチ〇ポの先を口に含んでパイズリフェラをしてくれたのです。こんなに気持ちいいプレイはないと思いました。私はその間も奥さんの乳首を引っ張ったり、コリコリとつねったりしました。

奥さんとのセックスを楽しみつつも、これだけセックス慣れした奥さんをどう楽しませるか、どう満足させるかという不安がありました。やはり男のプライドで、組合長よりも気持ちがいいセックスをして満足させたいという気持ちがありました。さっきは口の中であっけなく射精してしまったので、今度こそはという思いもあります。さすがにこのパイズリフェラを続けたら杉に行ってしまいそうなので、体を引き離し、奥さんを四つん這いにしてお尻を突き出させ、高く上げ、おマ〇コからアナルまでを丸見えにした状態で、ペロペロとクンニをしました。この格好で舐められるのは相当恥ずかしいはずです。クリトリスから膣、そしてアナルまで丁寧に舐めました。奥さんも満足しているようで、深い吐息を漏らしています。

わたしは変態の奥さんを満足させられそうな良い案を思いつきました。それはアナルセックスです。組合長は古いタイプの人間なので、アナルセックスには抵抗があるはずです。ですから奥さんのアナルは処女のはずです。実際、クンニでアナルを舐めると避けるように腰を動かしています。それを追いかけるように執拗にアナルを舐めました。舌を尖らせてその先端をアナルに差し込んだりしました。クリトリスを人差指でこすり、膣に親指を入れてピストン、そしてアナルを舐めるという3点攻撃です。逃げれないように左手で腰を押さえつけています。

奥さんは腰をクネクネさせて

「や、やめて・・・お願い・・・そこだけは・・・」

と言っています。そんなことを言われても一切聞きません。完全無視です。私はもう、アナルに入れると決めたんです。

お尻の穴がほぐれたようなので、腰をつかんで逃げないようにして、あそこにチ〇ポを当てがい、挿入しました。目的はアナルですが、ちょっと警戒していたようなので、まずはあそこに挿入しながらアナルを狙います。

バックで尻肉をつかみアナルを開きながら様子を見ます。親指をアナルに当てて少し押し込んだりします。そろそろいいかなと思ったので一旦チ〇ポを引き抜き、躊躇せずに一気にアナルにぶっ刺しました。

「ヒィィ~、い、いたぁぃ」

奥さんは泣き叫びました。一気に入れ過ぎたかと思いつつも、強い締め付けでチ〇ポがもちそうにありません。泣き叫ぶ奥さんを無視して一気に根元までピストンすると、

「あはぁ」

と悲鳴から喘ぎ声に変わっていくのが分かりました。アナルから愛液など出るはずがないことは分かっていますが、何か透明な液体が出て来ていて、滑りが良くなっていきます。滑りが良くなったので気持ちが良くなったのでしょう。

私ももう限界です。ピストンのスピードを速めると、私の腰と奥さんのお尻の肉が当たり、パンパンと音がします。

「い、いくっ」

私は奥さんのアナルの奥の方で射精しました。射精はしたのですが、根元が強い力で締め付けられているので精子がせき止められている感じでした。アナルからチンポを引き抜くときに、精子が一気にドバっと出てきました。

その精子を奥さんのおマ〇コに練りつけてあげました。そして、おマ〇コのまわりについた精子をすくって膣にいれてあげました。

「奥さん、お掃除してください」

と言うと、嫌がりもせず、私のチ〇ポをティッシュいらずの名に恥じずきれいに舐めてくれました。私のチ〇ポは生でアナルに入れて中出ししてその後、膣にも入れた汚いチ〇ポです。

「奥さん、こんな汚いチ〇ポを嬉しそうに舐めるなんて、変態ですね」

「いやっ、変態なんて」

と口を離してお掃除フェラをやめたので、頭をつかんでチ〇ポを口にねじ込みました。そうすると残りの精液を吸い出してくれました。しばらく吸ってもらっていると、くすぐったい感じがしてたまらなくなりました。奥さんは私の腰が引けているのが楽しいらしく、フェラチオを続けます。しばらくすると、また気持ちが良くなってきて、勃起してしまいました。

私は我慢できず、奥さんを押し倒して正常位で挿入して、激しく、猛スピードで腰を振りました。奥さんは足を私の腰に絡ませてきて腰を振ります。奥深くまで入った上に、腰をグラインドさせているので私はあっという間にまた射精してしまいました。奥さんの膣の中で果ててしまったのです。

射精した後、チ〇ポを入れたままの状態で奥さんと見つめ合いながらキスをしました。私のチ〇ポはまだ、奥さんの中で脈打ち、精子を吐き出しています。こんなに出たら妊娠してしまうのではないかというくらいの量が子宮に流れ込んでいきます。奥さんも満足したような顔をしています。

その日はこんな感じで終わりましたが、実は後日、組合長の泥酔した日を見計らって夜這いに行きました。くせになってやめられそうにありません。万が一、組合長にばれたら、私はここで生きていけなくなることでしょう。